広報やいた 令和3年8月号

広報やいた 令和3年8月号(No.1136)
【表紙】
 表紙の写真は、矢板消防署で行われた消防団個別訓練に参加した4分団および本部分団の皆さんです。この訓練は、団員の規律および消防技術の維持を図り、火災を初めとする災害有事に備えることを目的として行われたもので、矢板消防署協力のもと、礼式訓練や機械器具点検などが行われました。
【特集】
 災害の教訓を活かす。これからの季節は、台風やゲリラ豪雨が発生するなど、大雨に対する一層の警戒が必要です。今号では、災害における避難のあり方と、東日本台風の経験を教訓に今後の防災に向けた取り組みについて紹介します。 

広報やいた 令和3年8月号

アイコン:ブックを見るブックを見る