教えてイイトコうつのみや~街を歩いて宇都宮のイイトコを再発見します~41

【JR宇都宮駅東口地区まちびらき 後編】
 前回は、宇都宮駅東口交流広場「宮みらいライトヒル」を見学しましたが、今回は、「ライトキューブ宇都宮」の内部に迫りました。
 外壁だけでなく、内装にも大谷石が使われていて、特徴のあるデザインとなっているので、どの空間もとてもおしゃれ♪ JR 宇都宮駅直結でアクセスも最高です!
 皆さんもぜひ生まれ変わったJR 宇都宮駅東口地区を訪れてみてくださいね!

宇都宮駅東口交流拠点施設「ライトキューブ宇都宮」のデザインは、新しい国立競技場の設計者、隈研吾(くまけんご)さん(建築家)が監修。魅力的な空間が広がります




最大2,000人を収容できる大ホール。スポーツイベントにも対応可能です




式典や講演会にも利用できる中ホール。木のドレープのデザインが華やかです




部屋全体を白で統一し、プリーツカーテンで覆った大会議室




眺望も楽しめる4階小会議室




人気記事

記事をもっと見る