教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~15

【餃子】
 今回、私が訪れたのは、宇都宮餃子会直営の来らっせ本店。宇都宮にはたくさんの種類の餃子がありますが、ここでは、宇都宮餃子会に加盟する店舗の餃子を一度でたくさん楽しむことができるんですよね。今回は、4種類の焼餃子を食べました。それぞれ、具はもちろん、皮の厚みや焼き方が違い、一口食べると、良い香りと食感が楽しめます。宇都宮の餃子は、しそや明太子が入っていたり、野菜たっぷりの餃子があったりとバリエーションが豊富で奥が深いですね。外がカリッと、中がふんわりしている食感は、フランス人がよく食べるバゲットと似ていて、フランス人が喜ぶと思います。さっぱりしたシャンパンやワインとも相性が良いみたいですよ。フランスでも、数年前から餃子店が増えているみたいですし、餃子を通して日本や宇都宮のことを知るきっかけになればと思います。私も、友人が遊びに来たら来らっせに連れていきます。




今月のゲスト

ドゥ・シャザール・マイエル・ギヨムさん (フランス)
フランスオルレアン出身。2 4歳で留学のため、宇都宮へ。現在は、市内でフランス語教室「シャザール」を営む。好きなものは、歴史・映画・餃子・チョコレートなど。好きな日本語は「がんばります」。




宇都宮餃子会理事兼事務局長の鈴木章弘さんから説明を受ける




人気店の餃子が一堂に味わえる




宇都宮餃子会に加盟する店舗のうち、5店舗の餃子を味わえる「来らっせ」の常設店舗の店内




【お知らせ】
「餃子」について、7月8日(日)午後7時15分~7時25分とちぎテレビ「教えてイイトコU T S U N O M I Y A」(再放送)で放送します。併せてご視聴ください。


こちらもおすすめ

  • 教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~10

    【日本酒】  宇都宮市内には、世界大会でも受賞するような素晴らしい日本酒の蔵元が複数あります。そのうち、今回は井上清吉商店(白沢町)に訪れました。フランスではワインがとても好まれているので、日本のワインともいえる日本酒がどのように作られるのか、とても興味がありました。  実際に作業を手伝ってみると、思いの他たくさんの工程を手作業で行っていて、とても重労働でした。しかし、手作業で行うことで、お米を直接感じ、状態がよく分かるので、その日のコンディションに合わせた微妙な調整を行うことができるそうです。  宇都宮は水がとてもおいしく、また市内や県内から質の良いお米が手に入るので、オール栃木で地酒を作っているそうです。世界で認められる日本酒が、ここ宇都宮で作られているなんて、うれしくなりました。  日本酒の種類もたくさんあるようです。皆さんもお気に入りの一つを見つけてみませんか。

    外国人 広報うつのみや 日本酒