教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~14

【大谷エリア】
 今回私が訪れたのは、宇都宮市の北西、大谷エリアの大谷寺と大谷資料館です。
 まず、大きな観音様、平和観音がある大谷公園を抜けると見えてくるのが、大谷寺です。岩壁と一体化した本堂は岩が迫ってくるようでとてもインパクトがあります。本尊の千手観音( 大谷観音)を含む10体の石仏は、大谷石の温かい雰囲気が生かされていて、1,0 0 0年以上前に造られた石仏が大切に残っているとは感激です。
 続いて、大谷資料館。大谷石の地下採掘場跡の地下空間は、中に入るとひんやりと冷たく、真夏でも12~13度にしかならないそうです。幻想的で、人の手で掘られたこんなに大きな地下空間はアメリカでも見たことがありません。石工さんの技術や勘はすごいですね。
 来るたびに新しい発見があって、季節ごとの良さがある大谷エリア。他では体験できないものを求めて、また訪れたいです。




今月のゲスト

ピーター フォレスト スミスさん (アメリカ)
アメリカニューヨーク州出身。6年前から市内に在住し、大学の英語講師や翻訳の仕事に携わる。趣味は、宮ポタ(※)、書道など。
※自転車で散歩を楽しむサークル






大谷寺の御止山(おとめやま)は国の名勝に、日本最古の石仏である本尊の千手観音をはじめ合計10 体の石仏は、国の特別史跡と重要文化財に指定。




資料館内では、映画の撮影やコンサート、結婚式も行われる。




【お知らせ】 「大谷エリア」について、6月10日(日)午前10時30分~10時40分とちぎテレビ「教えてイイトコU T S U N O M I Y A」(再放送)で放送します(48ページ参照)。併せてご視聴ください。/br>

こちらもおすすめ

  • 教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~10

    【日本酒】  宇都宮市内には、世界大会でも受賞するような素晴らしい日本酒の蔵元が複数あります。そのうち、今回は井上清吉商店(白沢町)に訪れました。フランスではワインがとても好まれているので、日本のワインともいえる日本酒がどのように作られるのか、とても興味がありました。  実際に作業を手伝ってみると、思いの他たくさんの工程を手作業で行っていて、とても重労働でした。しかし、手作業で行うことで、お米を直接感じ、状態がよく分かるので、その日のコンディションに合わせた微妙な調整を行うことができるそうです。  宇都宮は水がとてもおいしく、また市内や県内から質の良いお米が手に入るので、オール栃木で地酒を作っているそうです。世界で認められる日本酒が、ここ宇都宮で作られているなんて、うれしくなりました。  日本酒の種類もたくさんあるようです。皆さんもお気に入りの一つを見つけてみませんか。

    外国人 広報うつのみや 日本酒