教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~12

【大谷石の建物】
 今回は、宇都宮の北西部にある大谷地区で採れる「大谷石」が使われている建造物や街並みを見に行きました。
 まずは、旧上河内町にある芦沼町集落です。道路沿いの家々では、石蔵や石塀などが大谷石で造られていて、その街並みの風景は美しくて見事です。
 もう一つは、宇都宮聖ヨハネ教会(桜2丁目)です。この教会と隣の幼稚園は、建物の外壁に大谷石が使われていて、落ち着いた雰囲気になっています。教会の中も素敵な構造で感動的です。
 これまで、「石」のイメージは黒や灰色で暗めのイメージでしたし、アメリカには石の倉庫などはめったにありませんでした。大谷石は色も明るく、手触りも温かく、どこか懐かしい気分になります。家族や友達が宇都宮に来たら、ぜひ見せてあげたいと思います。




ジャネット ロックさん(アメリカ)
アメリカオレゴン州出身。18年前から日本に在住。現在は、技術翻訳、教会通訳、英会話教師、国際なわとび連盟の役員などの業務に携わる。納豆、すし、天ぷらなど、日本食は何でも好き。餃子は、焼餃子がカリカリしていて好きです。




塩田潔さん(大谷石研究会理事長)から説明を受けるジャネットさん




芦沼町集落の街並み




宇都宮聖ヨハネ教会




【お知らせ】
「大谷石の建物」について、4月8日(日)午前10時30分~10時40分とちぎテレビ「教えてイイトコUTSUNOMIYA」(再放送)で放送します。併せてご視聴ください。


こちらもおすすめ

  • 教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~10

    【日本酒】  宇都宮市内には、世界大会でも受賞するような素晴らしい日本酒の蔵元が複数あります。そのうち、今回は井上清吉商店(白沢町)に訪れました。フランスではワインがとても好まれているので、日本のワインともいえる日本酒がどのように作られるのか、とても興味がありました。  実際に作業を手伝ってみると、思いの他たくさんの工程を手作業で行っていて、とても重労働でした。しかし、手作業で行うことで、お米を直接感じ、状態がよく分かるので、その日のコンディションに合わせた微妙な調整を行うことができるそうです。  宇都宮は水がとてもおいしく、また市内や県内から質の良いお米が手に入るので、オール栃木で地酒を作っているそうです。世界で認められる日本酒が、ここ宇都宮で作られているなんて、うれしくなりました。  日本酒の種類もたくさんあるようです。皆さんもお気に入りの一つを見つけてみませんか。

    外国人 広報うつのみや 日本酒