市制120周年・市町合併10周年 ミヤリーのわくわく発見スタンプラリー09

 市制120周年・市町合併10周年を記念して、4月~平成29年3月の1年間、広報うつのみやの表紙に紹介されている施設など、市内12カ所のポイントを巡るスタンプラリーをやっているよ。スタンプを全部集めると、抽選でロードバイクや限定ミヤリーグッズをプレゼント。
 2月号の表紙は、「宇都宮美術館」だよ!



中心市街地から約5キロメートル北に位置する「宇都宮美術館」と「うつのみや文化の森」は、市制100周年記念の平成9年3月にオープンしました。








宇都宮美術館には、シャガール(フランスの画家)やクレー(スイスの画家)など、20世紀以降の美術・デザイン作品を約6,000点収蔵しており、その一部を常設展示しています。








また、うつのみや文化の森には、里山の姿を残す緑豊かな自然環境が広がっており、皆さんの憩いの場になっています。




【お知らせ】
「ミヤリーのわくわく発見スタンプラリー」について詳しくは、専用ホームページmiyary-stamp.comをご覧ください。


市制120周年・市町合併10周年 ミヤリーのわくわく発見スタンプラリー09

 市制120周年・市町合併10周年を記念して、4月~平成29年3月の1年間、広報うつのみやの表紙に紹介されている施設など、市内12カ所のポイントを巡るスタンプラリーをやっているよ。スタンプを全部集めると、抽選でロードバイクや限定ミヤリーグッズをプレゼント。
 2月号の表紙は、「宇都宮美術館」だよ!



こちらもおすすめ

  • 教えてイイトコUTSUNOMIYA~外国人の皆さんに宇都宮のイイトコを訪れてもらいました~10

    【日本酒】  宇都宮市内には、世界大会でも受賞するような素晴らしい日本酒の蔵元が複数あります。そのうち、今回は井上清吉商店(白沢町)に訪れました。フランスではワインがとても好まれているので、日本のワインともいえる日本酒がどのように作られるのか、とても興味がありました。  実際に作業を手伝ってみると、思いの他たくさんの工程を手作業で行っていて、とても重労働でした。しかし、手作業で行うことで、お米を直接感じ、状態がよく分かるので、その日のコンディションに合わせた微妙な調整を行うことができるそうです。  宇都宮は水がとてもおいしく、また市内や県内から質の良いお米が手に入るので、オール栃木で地酒を作っているそうです。世界で認められる日本酒が、ここ宇都宮で作られているなんて、うれしくなりました。  日本酒の種類もたくさんあるようです。皆さんもお気に入りの一つを見つけてみませんか。

    外国人 広報うつのみや 日本酒