山あげ祭

「烏山の山あげ行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました!
那須烏山市の「山あげ祭」(烏山の山あげ行事)とは、450年以上の伝統を誇る日本一の移動式野外劇です。市内の道路上に約100mの舞台装置を設置して行います。
永禄3年(1560年)、烏山城主那須資胤が城下五町鎮守牛頭天王を八雲神社にお祀りし、天下泰平、五穀豊穣、疫病消除を祈願したのが起源とされています。

山あげ祭

アイコン:ブックを見るブックを見る

人気記事

記事をもっと見る